偏り


Luv (sic) pt.2 lyrics 日本語 英語 - YouTube

 

昨日、ひどく苛々してた。

土日は初めて会った子とそれなりに楽しい時間を過ごしたし、そこで得た甘やかな記憶を糧に、くそみたいな月曜をやり過ごせると思った。

でも、どういうわけかそうはいかなかった。

なぜだかここ数ヵ月で一番苛々したし、八つ当たりもした。

そして、泣いた。

どうしてあんなにも泣けてしまったのか、自分でも分からなかった。

 

彼に貸していたCDが戻ってきた。

いつかのUSBっていう、おまけつきで。

帰宅して、早々に中身を見た。

今までで一番多くのアーティストが入ってる気がした。

 

いくつか聞いてみたけれど、今回はhip-hopとかrap的なアーティストがほとんどな気がする。

そして、ふと思う。

最近、hip-hopとかrapばかり聞いてるって言ったことを、彼はきっと覚えててくれたんだ。

たぶん、きっとそう。

彼はいつだってそうだったから。

 

なんの曲を入れて返そうか。

ふたつ決めた。

あとは、どうしようかな。

誕生日


椎名林檎 - ここでキスして。 - YouTube

 

昨日、家族が誕生日を祝ってくれた。

焼き肉食べに行って、店員さんが歌いながらプレート持ってきてくれて、プレゼントも。

お財布、パジャマ、食器、バスマット…

なんだか、これでもかってくらいすごく豪華で、申し訳なく思ってしまうくらい。

本当に、本当にありがとうね。

 

会社で彼と会って、お誕生日おめでとうって言ってくれて、

いいもん持ってきたぞって、そう言ってくれた。

でも、気付けば22時で、さすがに彼も退社していて。

ロッカー行って携帯見たら、彼から珍しく着信と留守電が残ってて。

 

" 仕事終わったら、電話ください "

 

びっくりして、折り返したら、迎えに来てくれて。

なまものだから、今日渡さなきゃって待っててくれたらしい。

ずっと前に話したプリンだった。

フライパンじゃねーのかよって思って、ひとりで笑いそうになったけれど、ずっと前に話したことを覚えていてくれたことが、すごくすごく嬉しかった。

 カボチャと、ノーマルの二種類入り。

彼も食べたかったらしく、二種類買って、綺麗に半分ずつ入れてくれたらしい。

わたし今夜かぼちゃ味食べるって言ったら、俺もかぼちゃ味食べようかなって。

ふたりで明日こっそりかぼちゃ味について語ろうよって、そんな風に少し笑った。


切なくて、甘くて、つまり、それでもわたしは、きっと十分幸せ者なのです。

 

いろんな物事に、心から感謝を。

9:00 pm


The Amity Affliction - Never Alone (Audio) - YouTube

 

俺たちは、お前はうちのチームの人間になったと思ってた。

人を用意するって言われてお前が来たから、お前が専属になったんだって、そう思ってたよ。

そもそも、お前は誰の指示で動いてるんだ?

 

そう言われて、わけがわからなかった。

わたしは、早ければ1~2ヵ月、遅くとも3月末には、元のチームに戻してもらえるって話だった。

そして、またあの人の犬になれるって。

役職者が、そう話しを持ってきた。

捨てられたのかなんなのか全く分からなくて、あの人が言ってくれたいくつもの言葉は、なにもかも嘘だったのかって。

ただただ混乱して、いろんな考えが脳内を駆け巡ってた。

 

わたしに話を持ちかけてきた役職者が来て、我慢出来ずに聞いてみた。

 

わたし、戻れるんだよね?

軌道にのって、早ければ1ヵ月とか、遅くとも3月末には戻れるんだよね?

ずっとここにいるわけじゃないんだよね?

 

そうだよ。

早ければ1ヵ月、遅くとも3月末には帰してあげるつもりでいるよ。

 

そう話してくれた。

良かった、誰も嘘つきなんかじゃなかったんだ。

 

泣いた。

ひとりぼっちにはならない。

また、みんなと一緒にお仕事ができるようになる。

こんな怖いところにいなくていい。

 

そうだよね、シュガー。

日々


Billy Joel - Piano Man (with lyrics) - YouTube

 

マネージャーに、書類をセットしようって呼び出されて、ざっくり説明を受けて、その後はひとりで。

よく分からないけど、なんとかそれっぽくなるように、ゆっくりだけれど、やってみた。

彼が来て、一緒に手伝ってくれるのだと。

 

暖房が効かなくて少し不貞腐れたり、先日上層部がやった会議内容が書かれたホワイトボードを見て「謝罪」って書き足そうって言ってみたり、そんな彼がなんとなく子供っぽくて、少し和んだ。

他にも話した。

今までのミスや、他のチームのこと、感情的に起こってしまったこと、その他。

彼はあれこれ話して、わたしは笑って。

仕事に関わる何もかもが怖くて出社出来なかった頃を思い出した。

 

暖房がやっと効いて部屋が暖まって、彼はほんの数秒、目を閉じて動かなかった。

わたしはただ、その顔を眺めてた。

幸せだった。

こんな風に、これからもやっていけたら良いと思った。

仕事について一緒に悩み、苦しみ、時々得意気に笑って。

彼の犬でいたかったんだけどな。

 

あひる


フジ子・ヘミング~ノクターン第2番/ショパン - YouTube

 

帰り道、拾ってくれた。

先日立て替えたお金がいくらだったかって話になって。

いくら渡せば良い?と。

お金の話は大嫌いだ。

大嫌いというか、苦手というか。

とにかく、ひどく居心地が悪くなる。

普段帰りに送ってもらってるから、それでとんとんにしましょうって言っても引かない。

「近々、わたし誕生日なので、なにかナイスなもの買ってきてください。なにか美味しいもの。」

そう言っても引かない。

めんどくせえって言っても引かない。

最終的に、そんなもん覚えてねえよって一言で、やっと彼は引いた。

 

帰り道は、いつも通り仕事の話をして、先日のホームパーティの話をして。

彼は突然、誕生日はいつなのか、今受け持っている案件の商品で欲しいものはあるか、そんな話を始めた。

あひるのお人形がたくさん詰まったやつが欲しかった。

すごく、すっごく可愛かったんだ。

でも、たぶん一度か二度使って終わりだろうなって話になって。

わたしたちは笑った。

 

フライパンを買ったって彼が話し始めて、その流れで、買ったフライパンの使い心地が良かったら、フライパン買ってあげるって。

そりゃあ、わたしも新しいフライパンが欲しいけれど、会社の上司からの誕生日プレゼントがフライパンだなんて、聞いたことねえよ。

なんだか面白くて、なんとなく幸せだった。

 

こんなに幸せなのに。

明日から、わたしは別のチームに行くんだな。

どいつもこいつも、大嫌い。

gatta let you know

https://youtu.be/HOsiSE_JTOM

let go / m-flo loves YOSHIKA

この曲がリリースされてから、一体何度聞いたかわからない。

 

一昨日のとあるホームパーティで、ホストの子供が「ふたりは夫婦だと思った。この中でカップルを作るなら、この二人は決まり。」並んで座るわたしたちに、その子はそう言った。

ただ笑った。

 

どんなに一緒にいても、わたしたちは ひとつ じゃない。

何度馬鹿なことを言い合って笑っても、何度一緒に帰っても。

ひとつのアイスクリームを半分こしたとしても。

 

いつだって、彼の体に触れることはできる。

なのに、わたしたちはバラバラなんだな。

 

明日、無事に仕事が終わりますように。

彼もわたしも、うまくやれますように。