My girly


Owl City - Vanilla Twilight - YouTube

 

最近、週末はBryanとビデオチャット

わたしはいつだってなにも言わない。

わたしが聞き取れないことを分かったから、彼はチャットを打ち込んで、時々喋る。

そして、わたしたちは笑う。ふたりで。

 ***

今日、仕事が終わって電車に乗ってたら、彼からビデオチャット

電車だから出れないって言っても、ずっと。

渋々Onにして画面を見たら、なにやら賑やかで。

実家に戻っていたみたい。

お友達と一緒に飲んでたみたいで、お友達をちらりと見せてくれた。

そして、彼はお友達に言う。

「My girly.」

どうしてgirlではないんだろうって、いつも不思議に思う。

Sweetie, Cutie, Baby,,, yとかieとか、語尾がそうなるのが好きなんだろうか。

お友達が、恐らくわたしの名前を尋ねたんだろう。

初めて、彼がわたしの名前を発するのを聞いた。

いつもCutieって呼ぶ彼が、わたしの名前を口にした。

なんだかすごく驚いた。

なんとなく、少しくすぐったかった。

ここは日本で、彼はカナダ。

どれだけ甘い言葉を並べても、わたしたちは違う。

それが、すごく残念だよ。

 ***

最近は、Sugarとちっとも話せてない。

帰る時間も被らない。

とりとめのないこと、仕事のこと、プライベートなこと、くずみたいなことを話した日々がひどく恋しい。

 ***

何度も泣いて、喚いて、出来ませんって投げ出そうとしたけれど、わたし、まだあのくそみたいなチームにいる。

それはさ、帰る場所があるって、今でも信じてるからだよ、Sugar.