ポチ

http://nico.ms/sm5087132?cp_webto=share_line-spweb

 クリスタル/speena

 

今日は、早出。

彼は、わたしを拾って会社へ向かった。

初めて見たサングラス姿は、なんだか少しおかしかった。

2回目の試験も落ちたこと、仕事のこと、いつものように、話した。

思いの外、早く会社に着きそうだったから、コンビニ。

お昼ご飯を選ぶわたしの横には彼がいて、レジに向かったら

 

おごってやる。

 

彼はそう言った。

いいよー自分で買えるよーって笑って返したけれど、彼は同じ言葉を繰り返した。

 

明日も早出になって、でも自分で行けば良いのか、迎えに来るつもりなのか分からなかった。

なにも連絡がなければ、いつも通り自分で出社するつもりだった。

でも、思いの外早くメールが来た。

 

明日も同じ時間でよろしく。

 

それだけ。

迎えいる?とか、そんなやり取りもなく、なにも書かずに、ただそれだけ。

なんとなく気が引けて、でも断ろうとするときっと面倒臭がるだろうと思って、いろいろ大丈夫ですかってメールを返してみるけれど、返信はただ一言

 

無問題

 

だけだった。

あの人らしいというか。

こういう人だもんな、って思い出して、少し嬉しいような、変な気持ちになった。

 

時々、考える。

彼にとって、わたしはなんなんだろう。

お互いの出社時間とか、退社時間が被れば送ってくれて、コンビニに寄ればおごってくれて。

当たり前のように、迎えに来てくれたりして。

お互いの好きな音楽のやり取りをして。

でも、食事に行ったことなんてない。

 

ただの上司なら、毎回おごってくれなくて良いのに。

当たり前のように、迎えに来てくれたりしなくていいのに。