重さ

日曜、ジムのクラスに出た時、インストラクターさんが

体絞ったね!やばい!

って言ってきて、そうかな…?って、答えた。

絞ったつもりはないし、会社でも誰も何も言わない。

事実、体重も体脂肪率も、言うほど落ちていない。

少なくとも、わたしが持ってるヘルスメーターは、わたしに痩せたとは言ってくれない。

それでも、嬉しかった。

同時に、もしかしてこれが拒食症への入り口なんだろうかとも思った。

別に食べたくないとは思わない。

ただ、食に対して前ほどの興味はなくなったかもしれない。

そもそも、この脳みそとクソッタレなメンタルはそれどころではない。

 

今日、親父は自身の夕飯にチキンライスを用意していて、においをかいだ時、食べたくなった。

でも、当然食べなかった。

わたしの分がなかったせいもあるけれど、食べなくても平気だと分かったから。

この体は動く。

心臓は血液を回し続けてるし、筋肉はわたしを支えて、物も持ち上げてくれる。

 

そもそも、今までのように食べる必要がない。

今はもう現場の作業員ではない。

ただの事務職だ。

 

気が済んだら、少しずつ食べるようにしよう。

少しずつ体を慣らしていこう。

それでいい。

 

I don't care if you are fat. 

なんてさ、そんなの誰が信じるんだよ、ハニー。